修士論文・博士論文

本研究科における学位授与に関する評価基準と論文提出については下記のとおりです。

 

Ⅰ 授与される基準

修士課程:提出論文は、経済学・経営学の専門分野において、意義のある研究課題の発見と論証が行われていると認められる。提出者は、専門分野における研究活動を行っていく上での基礎的な能力あるいは高度の専門性が求められる職業を担う能力を有していると評価される。

 

博士課程:提出論文は、経済学・経営学の専門分野において、十分な学術的価値を有すると認められる。提出者は、専門分野における自立した研究者として研究活動を行っていく能力を有していると評価される。

 

Ⅱ 論文作成にあたって

修士論文・博士論文を作成するにあたっては、学位請求論文に関する倫理的責任を自覚し、論文作成に取り組んでください。また、論文提出時に、次の本研究科「論文作成ガイドライン」および「東京大学の科学研究における行動規範」を熟読し、これらをはじめとする諸規範を遵守する旨の「宣誓」を提出することになります。

 

1.論文作成ガイドライン

2.東京大学の科学研究における行動規範

 

Ⅲ 論文提出について

〔修士課程〕

修士論文を提出する学生は、本研究科規則第9条により1年以上在学し、16単位以上を修得していること。ただし、本研究科規則第20条によって修了年限を短縮することを望む学生は別途、大学院窓口で相談してください。

 

提出時期

・論文題目届 各年度11月初旬 【手書きではなく修士論文題目届(EXCEL)に入力したものを打ち出し、
   所定の期間に提出すること】

・修士学位論文 各年度 1月初旬

   

    修士論文提出手続き

     修士課程2年次生の修士学位論文題目届・博士課程進学希望届及び修士学位論文の提出について

     修士学位論文題目届〔EXCEL(論文題目を変更する場合はこちら

     博士課程進学希望届〔WORD

     修士課程学位記作成氏名届〔PDF〕

     宣誓〔PDF〕    

     ※学位論文添付票、学位論文要旨添付票は大学院係窓口において配付

 

指導教員について

修士課程学生については、1年生の冬に指導教員希望届を提出し、教育会議の議を経て3月末に決定されます。教員によっては、指導教員決定に際して「前提履修科目」を指定している場合があるので、掲示等に注意して履修登録を行ってください。

 

〔博士課程〕

博士論文を提出する学生は、本研究科規則第10条により2年以上在学し、10単位以上を修得しており、研究科規則別表に掲げる授業科目「論文指導」を4単位以上修得していること。なお、本研究科規則第20条によって修了年限を短縮することを望む学生は別途、大学院窓口で相談してください。

 

提出時期

・論文題目届 論文提出の2か月前までに提出(題目届は4か月有効)

・博士学位論文 提出時期は任意。ただし、在学者が当該年度に学位を取得しようとする場合は11月末までに提出してください。

 

    博士論文提出手続き

     博士論文題目届及び博士論文の提出について 

     学位論文題目届〔EXCEL〕

     履歴書〔WORD〕

     論文目録〔WORD〕

     宣誓〔PDF〕

     ※論文取扱内規、学位論文添付票、学位論文要旨添付票は大学院係窓口において配付

 

満期退学後の論文提出

本研究科において、課程を修了するに必要な年限以上在学して所定の単位を修得し、論文指導を修得したうえで退学した者は、学位規則第4条第2項の規定により退学後3年以内に限り学位論文(課程博士)を提出して学位論文審査と最終試験を受けることができます。この場合の取扱は在学している者に準じます。

 

Ⅳ 博士論文発表会

平成23年度から博士論文について、公開の論文発表会を行うこととなりました。

開催日程は、下記から確認してください。

 

発表会日程〔PDF〕(平成28年度)

     過去の発表会日程はこちら