各種手続き

◆休学・復学・退学の手続き

届出に際しては、添付書類や授業料納入状況などを確認する必要がありますので、届出事由の発生する最低1か月前までに必ず教務係窓口にて相談のうえ、各種様式を受け取り提出して下さい。

休学の理由は、全学の基準がありますので経済学部便覧(水色の冊子)「学生の休学の基準」を参照してください。

 

届け出た休学の期間が終わり、継続して休学を希望する場合も再度休学願の提出が必要となります。休学は自動的に継続されませんので、注意してください。

 

 

海外修学を理由として休学する場合、 平成27年7月以降、OSSMA:Oversea Student Safety Management Assistanceサービスに任意で加入することができることになりました。 詳細は、本学国際部のサイトを見て、自分で加入手続きを行ってください。

 

 

◆改姓名の手続き

戸籍謄本または抄本(コピー可)の提出と併せて、教務係窓口にて手続きをしてください。

 

 

◆学生証の紛失・故障による再発行

学生証が発行されてから1ヶ月以内(4月30日迄)のICカード不良を除き、再発行は有料です。教務係窓口に申し出てください。

 

 

◆通学定期券購入のための通学証明書

通学証明書は、経済学部に進学した際に新しい学生証とともに1年間有効のものを交付しています。通学経路を変更する場合または紛失した場合は教務係窓口にて手続きをしてください。

本郷キャンパスもしくは自宅から駒場キャンパスへの通学証明書は、駒場キャンパスでの正課の授業を2コマ以上履修し、かつ週2日以上通学する場合のみ交付します。交付が必要な場合は、各学期履修登録期間終了後に教務係窓口に申し出てください。履修登録期間が終了するまでは交付ができませんので注意して下さい。

 

 

◆住所・連絡先等の変更

住所やメールアドレス、電話番号等が変更した場合は、教務係窓口にて手続きを行うとともに、UT-mateにて必ず最新情報に更新してください。特にメールアドレスや電話番号の変更が反映されておらず、教務係より必要な連絡がとれないことが多く見受けられます。連絡がとれずに自身が不利益を被ることがないよう注意してください。

 

 

◆海外旅行・一時帰国をする際の手続き

旅行、帰国等で海外渡航の予定がある者は、必ず事前に教務係に届け出てください。

 

★休暇期間を除き、引き続き2か月以上海外に旅行しようとする場合、 休学となりますので、事前に休学願を提出してください。 また、2か月未満の海外渡航の場合は旅行届を提出してください。